My Guitar Hero

Nuno Bettencourt

 

Extremeというアメリカのバンドのギタリストです。

 

Extremeと出会ったのは、私が高校生の時ですから、

もうかれこれ20年近く前になります( ´Д`)y━・~~

 

当時も今も、どっぷりと洋楽ロックにハマっておりまして、いまだに当時のアルバムを聞いて、ギターを弾いています。

 

米ビルボードで1位になった「More than words」というアコースティックな曲があり、それで注目されたこともありますが、なんと言っても、ハードでファンクな曲がいいですねぇ。

 

しかも、最近はYoutubeでライブ映像も見れるし、いい時代になりました。

(Queenのフレディ・マーキューリー追悼ライブなんか最高です!)

 

そんなこんなで、ファン歴が長いのですが、数年前にNunoモデルのギター(N4))を手に入れることができまして、購入当初はグロスブラックで塗装されていたのですが、彼のメインギターは無塗装の仕様なので、私も思い切って塗装を剥がしてしまおうということになり、電動工具やサンドペーパーを何枚も使って、ほぼ彼と同じ雰囲気のギターにすることが出来ました!

 

しかし、問題は塗装を剥がしてしまうと、ヘッドの「Washburn」のロゴとネックの「Stephens’s Extended Cutaway」のロゴが消えてしまう!ってことだったのですが、運よくヤフオクでネックのロゴは入手でき、ヘッドのロゴは寸法を測って、イラストレーターのロゴファイルをネットで発見し、自分でデカールを作って貼り、無事にNuno仕様のN4が完成!

 

購入時

 

塗装剥がし後

 

 

塗装剥がしの工程で各パーツをバラしたついでに、フィンガーボードやブリッジなども磨き、いい感じに仕上がり、この先も私の1番の愛機であり続けるだろうと思います。

 

今回は、仕事とは全く関係のない記事になってしまいましたが、たまにこうやって趣味のことも書いていって、私のことも知っていただけたらなぁと思っております!

 

共感していただける方がいらっしゃいましたら、お気軽にコメントください!

 

Nunoのことを書き始めると、止まらなくなってしまいますので、今回はこの辺で。

 

それでは、Nuno同様に当店のブランド「reawake」もよろしくお願いしますっ!

コメントは受け付けていません。